So-net無料ブログ作成
検索選択

決まった高校「行きたくない」、幾度も母親の腹刺す 15歳逮捕(産経新聞)

 母親の腹部を包丁で刺して殺害しようとしたとして、京都府警山科署は31日、殺人未遂容疑で、長男の中学3年生の男子生徒(15)=京都市山科区=を逮捕した。府警によると「高校進学をめぐって口論になり、刺した」と供述しているという。

 府警によると、男子生徒は31日午前6時40分ごろ、自宅1階の脱衣所で、母親(46)の腹部を台所から持ち出した包丁(刃渡り約16.4センチ)で複数回刺し、殺害しようとした疑いが持たれている。母親は重傷を負ったが、命に別条はないという。

 府警などによると、男子生徒は両親と3人暮らし。4月から三重県内の高校に進学が決まっていたが、男子生徒は「行きたくない」と訴え、母親と口論になったという。

【関連記事】
死体遺棄容疑で母親逮捕 プランターに赤ん坊の遺体
2歳長男虐待死の母親に懲役10年求刑 「親としての心を失い、わが子をゴミ扱いした」
息子の暴行に母が反撃で刺す 京都
「娘の首絞め火をつけた」62歳女容疑者を逮捕、長女は死亡
母「昨年5月から1食」 父親も暴行を供述 奈良の虐待・餓死事件
あれから、15年 地下鉄サリン事件

富良野塾 「僕が一番学んだ」 閉塾で倉本さん(毎日新聞)
坂本龍馬像 迫力、展望台で大接近…高知(毎日新聞)
究極の春を! 農家レストランで新鮮春野菜 (産経新聞)
谷垣氏、与謝野氏と会談へ 慰留は困難か(産経新聞)
コンピュータ将棋ソフトが棋士に挑戦状 米長会長「いい度胸だ」(産経新聞)

<掘り出しニュース>“飛行機ホテル”客室はファーストクラス風(毎日新聞)

 【京都】ホテル運営ファーストキャビン(東京都千代田区)は、飛行機のファーストクラスを模した客室を備えた「ファーストキャビン京都烏丸」を下京区にオープンした。

 同社によると「ビジネスホテルとカプセルホテルの中間」がコンセプト。広さ4.2平方メートルで幅120センチのベッドが付いた「ファーストクラスキャビン」(1泊税込み5500円)が91室、2.5平方メートルでベッドが一回り小さい「ビジネスクラスキャビン」(同4500円)が30室。いずれもテレビ付きで時間単位で利用できる「デイユース」もある。

 男女の宿泊スペースは分離。床面積が小さく、旅館業法上は「簡易宿所」のため、各部屋にカギはない。しかし、男女別に分かれた各部屋への出入り口には、携帯電話を使って解錠するシステムを備えている。共用のシャワーブースやラウンジもある。同社の小俣満里社長(37)は「20〜40代のビジネスマンだけでなく、女性を中心とした観光客にも利用してもらえれば」と話している。問い合わせは同店(075・361・1113)へ。【小川信】

単独犯?混入時期も不明…毒ギョーザ事件(読売新聞)
北教組事件 小林千代美氏、議員辞職せず「職責を全う」(毎日新聞)
「無戸籍の子」救済へ改正案=議員立法目指す−民主研究会(時事通信)
店の棚から消えた「排卵日検査薬」 メーカーに問い合わせ殺到(J-CASTニュース)
警視庁職員、電車内で女性教師に痴漢(産経新聞)

名古屋大 4004人巣立つ 「自分を信じてまっすぐに」(毎日新聞)

 名古屋大学の卒業式が25日、同大豊田講堂(名古屋市千種区)であり、学部生2159人、大学院生1845人の計4004人が巣立った。

 大学院修了式に続いてあった学部卒業式では、浜口道成学長が学位記を授与した後、「愚直に挑戦し続けていただきたい」と祝辞。卒業生代表の文学部、藤原香里さんが「守られ育てられた環境から巣立ち、自立し、社会に貢献しなくてはいけない。自分の可能性を信じ、まっすぐ進みたい」と決意を述べた。【高橋恵子】

【関連ニュース
名古屋大学病院:承認受けず臨床試験 幹細胞使い
希少金属:「家電から発掘」計画開始 名大が回収拠点設置
名古屋大病院:国の承認受けず幹細胞臨床研究
From60:60年前 恩賜賞に坂田名大教授 /愛知
大学入試:国公立大2次試験最終出願 名大前期2.9倍 医学部の人気目立つ /愛知

携帯注意され線路に突き落とす(スポーツ報知)
首相動静(3月24日)(時事通信)
1世帯最大579円を上乗せ 再生可能エネルギー買取制度の負担試算(産経新聞)
校庭にミカン苗、市教委が提訴へ…所有権確認で(読売新聞)
足利事件 菅家さんの無罪判決を祝う集会開く 宇都宮で(毎日新聞)

足利事件あす判決 菅家さんに聞く「真実明らかに」(産経新聞)

 平成2年、栃木県足利市で当時4歳の女児が殺害された「足利事件」の再審判決公判が26日、宇都宮地裁(佐藤正信裁判長)で開かれる。菅家(すがや)利和さん(63)に無罪が言い渡される見通しだが、冤罪(えんざい)を生んだ裁判所の責任や有罪の根拠となった捜査段階のDNA型鑑定などに、どこまで踏み込んだ判断を示すか注目される。逮捕から18年。菅家さんに思いを聞いた。

 「どういう判決が出るのか。なぜ自分を犯人にしたのか。納得がいく判決文を読み上げてもらいたい。真実を明らかにしてほしい」

 再審公判では、再審即時抗告審で行われたDNA型再鑑定の鑑定人や、菅家さんを取り調べた元検事らの証人尋問が行われた。菅家さんはその都度、検察や警察に謝罪を求めたが、いまだに納得いく答えはない。

 「人として、警察官、検察官、裁判官、かかわった人すべてに謝ってほしい。そうでない限り、まだまだ真っ白な判決じゃない」

 取り調べを録音したテープが法廷で再生された際は、体調を崩し退廷した。「当時のことを思いだして苦痛だった」。事件現場近くの橋を渡るたび、いまいましい記憶がよみがえる。取り調べの様子を思いだし、眠れない夜も。「時間がたっても苦しさは消えない。薄れていくのではなく、日に日に記憶が強くなる」。国と県を相手に賠償請求訴訟も検討している。

 逮捕の日、同僚女性の結婚式を欠席したことがずっと気がかりだった。釈放後、女性と再会した。「『初めからやっていないと信じてました』と言われ、安心した。ありがたかった」。信じてくれた人に助けられている。

 昨年末から故郷の足利市の市営住宅で暮らす。死に立ち会えなかった両親の墓前に判決を報告するつもりだ。次の目標は就職自動車運転免許の再取得。「判決後は少し休んで、ドライブに行きたい」と話した。

【関連記事】
足利再審 検察当局、控訴しない方針
足利再審 異例のテープ再生 生々しい取り調べを再現
「判決後、速やかに」 足利事件検証 結果公表で本部長
「冤罪を根絶」菅家さんら名張事件への支援訴える
「17年半はつらく苦しい毎日」菅家さんが陳述

<暴行容疑>女性に汚物投げつけた男を逮捕へ 埼玉県警(毎日新聞)
<金子みすヾ展>大阪で開幕…没後80年、大丸心斎橋店(毎日新聞)
病院機能評価の医療への影響で初の調査結果(医療介護CBニュース)
農業ビジネス拡大へ、「水のまち」で最先端農業 植物工場の野菜「味良し!?」(産経新聞)
県内移設なら内閣総辞職を=普天間で民主・喜納氏(時事通信)

三宅島、避難指示解除から5年 島に脈打つ家族の絆(産経新聞)

 噴火による全島避難指示が解除されて丸5年を迎えた三宅村(伊豆諸島・三宅島)。しかし、島は高齢化が進み、復興の切り札として期待された観光も伸び悩む。仕事がないため再び島を離れる島民も後を絶たず、人口は減少する一方だ。それでもここが故郷−。その思いを胸に島民は島の将来を描き続けている。三宅島の今を見てきた。(奥村清史)

 「家族との思い出の詰まった三宅島に、どうしても戻ってきたかった」

 島南東部の坪田高濃度地区で火山ガスの流出状況を監視する山口百合子さん(50)=仮名=は、うっすらと涙を浮かべこう話し始めた。

 百合子さんは平成5年8月、建設業に携わる夫と娘4人で神奈川県相模原市から島に移り住んだ。家族旅行で島を訪れた際、アトピー性皮膚炎だった次女の症状が和らぎ、すぐに移住を決めた。その後、島で五女も授かり、充実した日々を過ごしていた。

 12年9月4日、噴火による全島避難の最終日。百合子さんは娘5人を連れて島を離れ、夫は復旧のため島に残った。その夫が、全島避難が解除される半年前に末期がんだと診断された。百合子さんは入院中の夫に「早く島に帰れるといいね」と話しかけながら看護を続け、清掃のパートで娘5人たちの生活を支えた。

 闘病生活を続けていた夫は、帰島の願いを果たせぬまま家族に見守られながら静かに息を引きとった。「死ぬ間際まで、愛用の釣りざおのことを気にしていた。三宅の海で、もう一度釣りがしたかったのでしょう」と百合子さん。

 その後、家族は念願の帰島を果たした。ぜんそくのため火山ガスの影響が心配された五女も、中学生になった今では薬も必要なくなったという。都立三宅高校に通う四女はこの春、都内のレストランに就職する。「いずれは島に帰ってきたい」とも話している。

 「避難中も帰島してからも多くの人に支えられた。島には娘たちの病気を治してもらった。三宅に住んで、本当によかった」。百合子さんは静かに話した。

                   ◇

 ■伸びぬ観光「復興、火山と共生」

 三宅村役場によると、帰島5年を迎えた2月1日現在の島の人口は、2810人(1736世帯)。うち、18歳以下は263人で約9%。一方、65歳以上は1028人で約37%を占め高齢化が目立つ。

 島で唯一の特別養護老人ホーム「あじさいの里」には50人が入所し、80歳以上が41人、最高齢者は99歳だった。施設長の水原光夫さんは「介護福祉士など専門職の人材確保は島では難しい。入所者の家族が島外にいるケースもあり、対応に苦慮している」とホームの実情を明かした。

 復興の起爆剤として期待された観光業は伸び悩んでいる。平成20年度の観光客は4万人を割り、噴火前の約半分。タクシー運転手の男性は「客の数は時期によって波が激しい。平均して来るようになればいいが」と話す。民宿で働く男性も「春になると工事関係の長期滞在者が少なくなる」と不安を隠さなかった。

 一方で、島の将来を担う子供たちの意見は前向きだ。都立三宅高校では21年9月から1月までの間、2学年全員が「三宅島の発展に向けて」をテーマにした研究活動に取り組んだ。海や噴火を観光と結びつけた研究がほとんどで、リポートのまとめにはこんな言葉もあった。

 「もっと強く火山と向き合えるよう立ち入り規制を解除することで、島の文化は大きく発展するだろう」

 約20年周期で噴火を繰り返す三宅島。復興への道のりはなお険しいが、その歩みは着実に進んでいる。

<広末涼子さん>前方不注意で接触事故 東京・環状7号線(毎日新聞)
桜 大阪で開花 観測史上2番目(毎日新聞)
事前面接の解禁見送りを正式決定、派遣法改正案(産経新聞)
昭和の「現代」を展示=千葉〔地域〕(時事通信)
ドラッグストアの売上高、10年連続で増加(医療介護CBニュース)

<小野竹喬展>記念の俳句コン入賞者決まる(毎日新聞)

 「生誕120年 小野竹喬展」(毎日新聞社など主催)の開催を記念して、会場の東京都千代田区の東京国立近代美術館で、入場者を対象に開かれた俳句コンテストの入賞者23人が決まった。俳人の黛まどかさんと石寒太さんが、262句の応募者から選んだ。最優秀賞には、神奈川県藤沢市の留峰(るほう)さんの句「瓔珞(ようらく)の光芒(こうぼう)海の夏没日(いりひ)」が選ばれた。同展は4月11日まで。問い合わせは03・5777・8600。入賞者は次の通り。(敬称略)

 最優秀賞=留峰(神奈川県藤沢市)▽準賞=海棠あき、帰山(東京都杉並区)▽佳作=浅野文男(同調布市)、飯沼三和子(同渋谷区)、小川淳子(川崎市)、河野康徳(千葉県柏市)、小出萌日(東京都中央区)、武士とみ(埼玉県入間市)、武山こゆき(横浜市)、達子(東京都板橋区)、丹凌(神奈川県鎌倉市)、土居靖隆(東京都三鷹市)、當摩八千代(埼玉県入間市)、富田照代(横浜市)、永久(東京都品川区)、はづき(同目黒区)、広瀬ひろ子(同中央区)、古川夏子(同世田谷区)、堀江和を(埼玉県草加市)、山内美津子(神奈川県海老名市)、吉田光世(埼玉県川口市)、渡辺亮(千葉県松戸市)

【関連ニュース】
小野竹喬展:開幕 東京で4月11日まで
小野竹喬展:東京国立近代美術館で2日に開幕
遊ナビ:美術 /東京
小野竹喬展:きょう開幕−−東京国立近代美術館
小野竹喬展:生誕120年を記念 四季の自然見つめて 坂東玉三郎さんが語る

「おもちゃの王様」85歳で博士に…ギネス申請(読売新聞)
「おもちゃドクター」全国で活躍中 安全に配慮、子供の夢つなぐ(産経新聞)
<民主党>マニフェスト企画委が初会合(毎日新聞)
緊急合同就職面接会 東京商工会議所(産経新聞)
<殺人容疑>「介護に疲れ」69歳妻を絞殺 三重(毎日新聞)

<政治とカネ>首相、改革強調 自民「責任取ってない」(毎日新聞)

 参院予算委員会は10日、鳩山由紀夫首相が出席して「鳩山内閣の政治姿勢一般」に関する集中審議を行った。鳩山首相は企業・団体献金の禁止やインターネットによる選挙運動解禁などに前向きな答弁を行い、「政治とカネ」への改革姿勢を強調した。自民党側は鳩山首相らの「政治とカネ」が過去のものとなることを警戒し、「ルール改正を先に持ってきて責任を取らないのは本末転倒だ」(西田昌司氏)と批判した。

 「(企業・団体献金の)全面的禁止への努力が国民の信頼回復につながる」。鳩山首相は政治資金規正法の改正で「政治とカネ」からの決別を強調した。同法改正のための与野党協議機関の設置は、この日の与野党国対委員長会談で結論が出なかったが、鳩山首相は「秘書の責任にしない法案も協議機関で作業したい」と与野党の協議が進展することに期待を示した。

 インターネットを用いたネット選挙運動についても首相は「次の選挙までに結論を出すスピード感で」。選挙運動の戸別訪問解禁も「戸別訪問は悪との発想ではお金のかからない選挙はできない」と述べた。

 次々と制度改正に前向きな発言をする首相に対し、自民党の西田氏は「自分の説明責任を果たす前に、企業・団体献金禁止が政治改革とは。モラル意識のなさにあきれた」と批判した。企業・団体献金の禁止に異を唱えている国民新党代表の亀井静香金融・郵政担当相も、首相の前のめりの姿勢をけん制。「どうしてもやりたいなら、法律ではなく民主党だけで自粛したらどうか」と述べた。

 これに対し鳩山首相は同日夜、首相官邸で記者団に「意見をつき合わせて最終的に一つの考えにまとめる努力が大事だ。最初から結論ありきではまとまるはずがない」と述べた。【鈴木直】

【関連ニュース
普天間:移設先「ゼロベースで」 鳩山首相、改めて強調
政府・民主:マニフェスト企画委を設置 首相と幹事長合意
民主:参院選対策本部の看板かける 鳩山首相と小沢幹事長
鳩山首相:支持率回復への改造否定
鳩山首相:「いのち」確認の一日?お宮参り後、墓前で合掌

拉致正当化でも朝鮮学校無償化? 首相「教科内容で決めず」(産経新聞)
参院選、責任者として臨む=小沢氏(時事通信)
愛子さま3日連続登校、5時限目だけ(読売新聞)
オウム、青年層にターゲット=新規入信、事件時未成年が5割−教団存続へ勧誘活発化(時事通信)
<JAYWALK>アルバム回収へ ボーカル逮捕で(毎日新聞)

1歳女児、送迎バスにはねられ死亡=72歳運転手を逮捕−福岡県警(時事通信)

 9日午後3時50分ごろ、福岡県春日市須玖南の市道で、幼稚園の送迎用マイクロバスが、近所の主婦高橋美奈子さん(29)の長女こころちゃん(1)をはねた。こころちゃんは病院に搬送されたが、頭がい骨骨折などで間もなく死亡。県警筑紫野署は、自動車運転過失傷害容疑で、バスを運転していた同県那珂川町五郎丸の派遣社員角※(※=サンズイに甘)七容疑者(72)を現行犯逮捕した。
 同署によると、こころちゃんの兄を含む園児4人がバスから降車。出迎えた高橋さんと一緒にいたこころちゃんが、発車したバスの左後輪でひかれた。 

【関連ニュース
妻に暴行、死亡させる=傷害致死で夫逮捕
女子高生が行方不明=事件の可能性も
女児虐待死容疑、継母を再逮捕=「揺さぶられっ子」症候群か
顔や両足に打撲の跡=死亡の4歳男児
5歳女児虐待、継母再逮捕へ=傷害致死容疑

ハイチ支援会合出席に意欲=岡田外相(時事通信)
堀江被告の資産差し押え=テレビなど、元株主申し立て−東京地裁(時事通信)
奈良県警警部補、組員に捜査情報漏らした疑い(読売新聞)
密約、対米関係に影響せず=鳩山首相(時事通信)
<訃報>古賀昭典さん81歳=元航空自衛隊航空総隊司令官(毎日新聞)

立命館大キャンパスでぼや、調理場の壁など焼く(読売新聞)

 7日午前7時40分頃、滋賀県草津市の立命館大びわこ・くさつキャンパスで、食堂などが入る「ユニオンスクエア」(鉄筋2階建て約6800平方メートル)の1階調理場から出火し、壁や天井など約20平方メートルを焼いた。

 けが人はなかった。

 草津署などによると、当時、生協の職員2人が朝食を作っていた。ガス炊飯器を使用中に、焦げ臭いにおいがした、という。

<横浜国際総合競技場>命名権で日産と横浜市が再契約(毎日新聞)
無銭飲食男“死んだふり”も搬送先でバレて逮捕(スポーツ報知)
<パトカー事故>追跡中に高2女子はねる 大阪・岸和田(毎日新聞)
防災無線一部で放送できず=更新アンテナ取り違え−高知(時事通信)
地域でずらして春秋5連休を=休暇分散化で政府案−観光本部(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。