So-net無料ブログ作成
検索選択

菅首相の所信表明詳報(6)「税の番号制度導入を」(産経新聞)

 ■「強い社会保障」の実現

 以上述べたような「強い経済」、「強い財政」と同時に、「強い社会保障」の実現を目指します。

これまでの経済論議では、社会保障は、少子高齢化を背景に負担面ばかりが強調され、経済成長の足を引っ張るものと見なされる傾向がありました。私は、そのような立場には立ちません。医療介護年金子育て支援などの社会保障に不安や不信を抱いていては、国民は、安心してお金を消費に回すことができません。一方、社会保障には雇用創出を通じて成長をもたらす分野が数多く含まれています。他国の経験は、社会保障の充実が雇用創出を通じ、同時に成長をもたらすことが可能だと教えているではありませんか。

 経済、財政、社会保障を相互に対立するものととらえる考え方は、百八十度転換する必要があります。それぞれが互いに好影響を与えうる「WIN・WIN」の関係にあると認識すべきです。この認識に基づき、新成長戦略において「ライフ・イノベーション」を重点分野に位置づけ、成長戦略の観点からも、「強い社会保障」を目指します。そして、財政健全化の取組は、財政の機能を通じて、社会保障の安定的な提供を確保し、国民に安心を約束することにより、持続的な成長を導くものなのです。

 こうした「強い社会保障」を実現し「少子高齢社会を克服する日本モデル」を提示するため、各制度の建て直しを進めます。年金制度については、記録問題に全力を尽くすとともに、現在の社会に適合した制度を一刻も早く構築することが必要です。党派を超えた国民的議論を始めるため、新たな年金制度に関する基本原則を提示します。医療制度についても建て直しを進め、医療の安心の確保に努めます。介護についても、安心して利用できるサービスの確保に努めます。子育て支援の充実は待ったなしの課題です。子ども手当に加え、待機児童の解消や幼保一体化による子育てサービスの充実に、政府を挙げて取り組みます。

 さらに、社会保障分野などのサービス向上を図り、真に手を差し伸べるべき方々に重点的に社会保障を提供する観点からも、番号制度などの基盤整備が求められています。このため、社会保障や税の番号制度の導入に向け、国民の皆さまに具体的な選択肢を近く提示をいたします。

【関連記事】
(1)「私の政治活動は市川房枝先生の応援から始まった」菅首相の所信表明
(2)「『官僚内閣制』でなく『国会内閣制』を」菅首相の所信表明
(3)「第三の道による立て直しを」菅首相の所信表明
(4)「『強い経済』『健康大国』…の実現」菅首相の所信表明
(5)「与野党の壁越え国民的議論を」菅首相の所信表明

<シャッター・カルテル>大手3社に課徴金など命令…公取委(毎日新聞)
<東西線>車両点検の影響で運転中止 煙のようなもの発生?(毎日新聞)
<はやぶさ>「カプセル分離」に拍手…JAXA管制室(毎日新聞)
りそな銀、2億5000万円納付漏れ=収入印紙60万枚分―大阪国税局(時事通信)
JR中央線で信号トラブル、快速運転見合わせ(読売新聞)

首相動静(5月27日)(時事通信)

 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前8時40分、公邸発。「普天間問題で社民党の福島瑞穂党首が政府対処方針を決める閣議での署名を拒否した場合、罷免する考えはあるか」に「理解をいただけるように最後までできる限り努力する」。同42分、官邸着。同43分、執務室へ。同44分、仙谷由人国家戦略担当相が入った。
 午前9時16分、仙谷氏が出た。同17分から同35分まで、山本剛嗣氏に国家公安委員の辞令交付。平野博文官房長官、中井洽国家公安委員長同席。
 午前10時16分、執務室を出て、同17分、特別応接室へ。同18分から同27分まで、金沢一郎日本学術会議会長から「G8サミットに向けた共同声明」の受け取り。川端達夫文部科学相同席。同28分、同室を出て、同29分、執務室へ。
 午前10時35分から同11時1分まで、植松信一内閣情報官。同2分、外務省の佐々江賢一郎外務審議官、斎木昭隆アジア大洋州局長が入った。
 午前11時48分、松井孝治官房副長官が加わった。同53分、松井氏が出た。同59分、佐々江、斎木両氏が出た。
 午後0時11分、執務室を出て首相会議室へ。同12分から同1時2分まで、平野官房長官。同3分、同室を出て執務室へ。同5分、北沢俊美防衛相が入った。
 午後1時26分、北沢氏が出た。
 午後1時31分、執務室を出て、同32分、大ホールへ。同33分から同56分まで、米ハーバード大ビジネススクールの学生と懇談。峰崎直樹財務副大臣、荒井聡首相補佐官同席。同57分、大ホールを出て、同58分、執務室へ。同2時2分、同室を出て、同3分、官邸発。
 午後2時16分、東京・大手町の経団連会館着。日本経団連の定時総会に出席、あいさつ。
 午後2時39分、同所発。同54分、東京・平河町の都道府県会館着。同3時3分、全国知事会議開始。
 午後4時42分、同会議を途中退席し、同43分、同所発。同49分、官邸着。同50分、執務室へ。
 午後4時59分、松井官房副長官が入った。同5時31分、松野頼久官房副長官が加わった。
 午後5時54分、松井、松野両氏が出た。同55分、執務室を出て、同56分、官邸発。同58分、国会着。同59分、衆院本会議場へ。衆院本会議に出席。
 午後6時50分、衆院本会議を途中退席し、同51分、国会発。同53分、官邸着。同54分、執務室へ。
 午後7時4分、執務室を出て特別応接室へ。同5分から同9分まで、報道各社のインタビュー。「普天間問題で連立与党の合意をどのように図るのか」に「連立の中で理解をいただけるように最大限の努力をしている最中だ」。同10分、同室を出て執務室へ。
 午後9時42分、執務室を出て、同43分、官邸発。同44分、公邸着。
 28日午前0時現在、公邸。来客なし。
(了)

<ビル不正登記>元後藤組組長に逆転有罪 東京高裁(毎日新聞)
<強盗>女性店員縛りマックから30万円奪う 静岡・掛川(毎日新聞)
福島党首ら社民執行部、連立離脱を示唆 「離脱が筋」(産経新聞)
「辺野古」削除応じられぬ=首相発言も選択肢―官房長官(時事通信)
鳩山首相退陣 民主・参院選候補者、批判覚悟で街頭へ (毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。